セキュリティ意識の向上

皆さんは、パソコンを使ったりスマートフォンを使ったりする上で、しっかりとしたリテラシーをもって作業をしているでしょうか?

たとえば、危険なサイトにはアクセスしない、セキュリティソフトを入れて使用する、PCから離れるときは画面ロックをするなど、当たり前に実践すべきことをできていないことが多いものです。

私の企業でも、個人個人で実践できていないケースが多いため、なかなか実践できていないのが現状です。

昨今、テレワークを背景としてさまざまなサイバー攻撃が増えています。こうしたサイバー攻撃に対応するためにも、一人ひとりがリテラシーを高く持つべきです。

企業の場合は、ランサムウェアが多発しているため、データのバックアップを定期的に取るなどの対策が必須です。私の企業でも、データの定期的なバックアップは取得していますが、実際にデータを戻したことまではありません。

普段の業務で手一杯の状況の為、なかなか実践できていないのが本音です。しかし、実際にランサムウェアが起きたときに備えてこうした対応はしておくべきだと思います。発生したときに即座に対応することで、実際にその場に遭遇しても適切な対応ができるからです。

また、近年猛威をふるっているEmotetにも注意する必要があります。Emotetは、あたかも知っている人からのメールに見せかけて、添付しているファイルを開くとマクロなどが実行されてしまうものです。

正直、知っている人からあたかも普通に送られてくるメールとほぼ変わらないため、見抜くのが非常に困難です。しかし、ITリテラシーをもって常に強い意識を持つことで回避につながることもあります。

たとえば、添付でファイルを送らず、ファイル共有のサイト上から利用したり、ドライブ上で連携するようにするなど、決まった方法でやり取りするとしておけば、添付のファイルが来たときに、これは怪しいな、と見抜くことができるのです。

こうした意識があるかないかによって、大きな被害につながるのかどうかも変わってくるため、非常に重要な要素の一つです。是非意識するようにしましょう。

また、こうしたセキュリティの意識を全従業員に伝える、というのが非常に難しいと思っています。やはり、従業員それぞれでITリテラシーの違いが出てくるため、意識の高さも違います。

意識を高く保たせるには、常日頃から啓蒙活動を続けていくのが重要だと思います。私も、自分の会社でどれだけ意識を高く保たせられるのかを意識して頑張りたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA