Webマーケティングについて

ライター業を中心に取り組んでいる私ではありますが、最近はWebマーケティングの知識も付けようと思っております。なぜなら、Webマーケティングを覚えることで仕事の幅も増えそうだからです。

Webマーケティングは、最終的にユーザーを行動させるためにどのような施策をするのかという点に落ち着くと思います。その中の施策の一つとして、ライターとしての持ち味が活かせるものだとも理解しています。

では、実際にWebマーケティングがどういうものなのかをざっくりと今の知識ベースで書きなぐっていければと思います。

まず、Webマーケティングをするうえで重要になるのが、ターゲットをどこに絞るかです。色々なジャンルの媒体がありますが、その中でどこをターゲットにするのかによって、アプローチの方法も大きく異なってきます。初心者向けなのか、それとも経験者向けなのかによっても変わりますし、男性なのか女性なのかによっても異なります。

こうしたWebマーケティングの知識は、多くの場面でも活かせるスキルだとも思います。たとえば、何か仕事をしていてアピールしたい場面に遭遇したとします。そうすると、アピールするためには、自分の持ち味が何なのかを明確にしなければなりません。そこで、ターゲット層についての理解にもつながるのです。

そして、ターゲット層を明確にした後で重要になるのが集客です。正直、集客面が一番大変そうな印象をもっています。とくに、何も知名度がないままスタートした場合、認知されるのに時間がかかります。認知された後でも、より良い商品を販売しなければ客足を捕まえることは困難になるのです。

集客の1つとして挙げられるのがSEO対策です。SEO対策は、Googleで何か検索したときに上位表示される記事のことです。SEO対策をしっかりとおこなうことで、サイトへの流入率を増やしてくれます。

そこで活かされるのが、いまおこなっているライター業のスキルです。ライター業では、普段からSEO対策や文章の分かりやすさを意識した執筆をおこなっております。こうした、色々な経験を組み合わせていくことで、自分にしかないオリジナルコンテンツを生み出すしかないなとも思っております。

集客がしっかりと出来たら、離脱率を減らすためにもホームページの魅力自体を上げていく必要あります。魅力といっても、見やすいホームページで分かりやすければ、ユーザーファーストにもつながると思います。

このように、さまざまなスキルを見つけられるように、2021年はマーケティング分野を頑張ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA