投信積立がブームの件

最近、投資信託のブームがおとずれているなと強く感じています。今日見たニュースでも「カードで投信積み立て広がる SBIと三井住友カードも開始」というのがありました。やはり、老後の資金問題を考えると今のうちから積み立てて置こうという意識が強く働くようですね。

私自身も、今後の資金形成については強く考えることが多いです。資金形成に正解はないと思っていて、その人の今あるライフスタイルや今後の目標によって変わっていくと思います。

最近流行っている中に「FIRE」という言葉があります。FIREは、できるだけ早く会社員からドロップアウトをして、配当金だけを受け取りながら生活を送っていくことです。

このFIREの面白いところが、決して贅沢な暮らしをせずに生活を送っていくということです。配当金についても、自分の生活を送るのに苦労しない配当金をもらえる金額まで、頑張ります。

そのため、配当金についても個人個人に違いが出てくるため、それぞれにどれだけの金額を積み立てるべきなのかが変わるのです。

また、FIREが正義というわけではありません。もちろん、仕事をしている人の中では、今の仕事が楽しいと感じる人がいるわけなので、FIREとして仕事をやめるのが決して幸せへの道ではないのです。

私も、正直FIREは一切考えておらず、働きながら楽しく暮らしていける資金ができていれば問題ないなと思っています。欲を言えば、少しいい暮らしを送りたいなとも強く思っている部分になるので、少しずつ積み立てて行きたいと思います。

現在、月5万円を楽天証券へと投資信託を積み立てています。この5万円は、長い間眠るものとなるため、直近での利益は一切考えておりません。積み立てNISAは、持っていれば利益になることが多いものの、日々の生活の中で利益を実感するタイミングは非常に薄いです。

そのため、投資初心者の人ほど長い間保有するのが難しい傾向があります。日々増えているのが形として分からないためです。個別株や高配当ETFなどであれば、配当金という形で資金をもらえるため、もらっているなあと実感しやすいです。

この我慢を続けてこそ、将来的な資産形成につながるのです。私は、配当金生活を送りたいわけではないのでコツコツと進めていきたいと思います。

そのため、今のところは投資信託のみで長期的な運用をしていきたいと思います。どちらかというと、お金を増やす仕組みを作りたいので、そっちに力を入れていきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA