見出しが似ないためには

今日は、アウトプットをかねてライターとして必要なスキルを解説していこうと思います。今日のテーマは、「見出し」です。

ライターをしていると、必ず競合サイトがどのような記事を執筆しているのか、という調査をします。そのときに、どうしても同じような構成になってしまう、という方が多いのではないでしょうか?

たしかに、私自身もそうでした。とくに、知見のないジャンルだと何から書いていいのかわからない、ということもあったので構成にすごく時間がかかりました。

しかし、最近はジャンルの違いはあれど、多少差別化がはかれるようになってきたかなとは感じております。

そこで今回は、見出しや構成が他の競合サイトと似ないように意識すべきことをまとめていきます。私がライターをしていて、重要だと思う部分を記事にするので、ぜひためになったという方は実践してくれると嬉しいです。

検索意図に答える記事を

1つ目は、検索意図に答える見出しを最初に持ってくるということです。

意外にも、上位のサイトだと前置きから入って、本当に知りたいことは中盤にあるというケースが多いです。

たとえば、「プログラミング 勉強法」で検索したとしましょう。この場合、ユーザーは今からプログラミングをはじめる人なのか、それともある程度エンジニアとしてやっていて勉強方法を知りたいという方なのか、ペルソナ設定によって記事は変わってきます。

今回は、これからはじめる人をターゲットしましょう。そのとき、ユーザーは真っ先にどう勉強していけばプログラミングを身につけたいのか、という視点で検索をしています。

そのため、「プログラミングとは」「プログラミングをはじめるメリット」を書いたとしても離脱する確率が高くなってしまうのです。

もし、この検索意図に答えるのであれば、「具体的なプログラミング学習方法5選」のような形で、おすすめのオンライン学習サイトや書籍を紹介するのがいいと思います。

そこで実際の勉強法を見てもらい、行動に移してもらうのが非常に重要です。

潜在ニーズを含める

次は、潜在ニーズを見出しに含めることです。

さっきのを例に出すと、なぜプログラミングを勉強するのかという点をピックアップする必要があります。

この人は転職をしたいのか、それともフリーランスとして稼ぎたいのか、人によってさまざまです。転職だと仮定すると、エンジニアに転職するための方法、などを見出しに含んでもいいでしょう。

このように、なぜ検索をしたのか、という裏側まで読み取ることで良質な記事として成功するでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA