チャットの使い方について語ってみる

今日は「チャットツール」についての記事を見かけたので、面白そうだなと思い今回記事にしようかなと思います。

チャットツールといえば、テレワークの普及によって使う機会が増えた、という方が多いのではないでしょうか。私は、本業ではもちろん、副業でおこなっている業務はすべてがチャットワークとSlackでのやり取りをしています。

チャットツールを使っていると、慣れている人と慣れていない人とで、使い方にも大きな差が出るなあと感じています。そこで今回は、私なりに気を付けているチャットツールの使い方について解説したいと思います。

絵文字やリアクションを活用する

これは個人的にすごく重要だなと感じています。たとえば、何か会話をしているときに、了解ですと答えるとします。

当然ながら、文字ベースで伝えてもいいのですが、せっかくリアクションという機能があるので、OKですというのを伝えるためにも、ほとんどの確率でリアクションをしております。

リアクションをすることで、相手にしっかりと見ているんだなと伝えることができるため、相手の不安を取り除けるのも大きな理由の一つです。

ただし、人によってはやりにくいなあと思う方がいるかもしれません。しかし、仕事をする以上上下関係はないと思っているので、今の世代である私たちこそ積極的に使って普及させていきましょう。

メンションを付ける

チャットを使っていると、個人でのやり取りとは別にグループでのやり取りも頻繁におこなうかと思います。そうすると、グループでチャットするにあたって、誰にたいして発言しているのか、というのが見えにくい場合があります。

人数が多いと、余計にそのチャットを見る人もいなくなるため、メッセージを送っているのにノイズだと思ってスルーしてしまう人もいます。チャットが頻繁な場合には、ミュート機能を使って通知が来ないようにするかたもいるくらいです。

そこで、メンション機能の出番です。メンションを使えば、ミュートにしていてもその方へのメンションで通知ができます。

メンション機能は慣れるまでについては少々面倒だなと思うのですが、慣れてくるとメンションを付けるのが癖になってきます。メンションを付けないがために、誰も反応してもらえずに悲しい状態になってしまう可能性も考えられるので、そうならないためにもメンションを活用しましょう。

今回はチャットツールについて話してみました。チャットは電話よりも時間を取られないので、今後は電話よりもチャットベースの働き方になってほしいなあと小さく願っております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA