パーソナルトレーナーについて

みなさんこんにちは!
管理人のユッキーです!

最近、パーソナルトレーナーがすごく人気だなと感じます。若い人でパーソナルトレーナーを目指す人が増えていて、特にYouTubeなどのSNSでの影響が強いなあと思いますね。

YouTuberの中では、筋トレYouTuberが増えており、パーソナルトレーナー業界も飽和してきているなと感じることが多いです。

私自身がパーソナルトレーナーをしている人と話す機会が非常に多いので、みなさん思っていることのようですね。

パーソナルトレーナーを目指すきっかけで多いのは、筋トレが好きでそのままパーソナルトレーナーになるパターンです。

しかし、みなさんが口を揃えていうのはパーソナルトレーナーを目指す人の多くは、知識が少ない状態でなっているため、本当の意味でのパーソナルトレーナーは少ないということです。

やはり、筋トレが好きなだけでパーソナルトレーナーを目指してしまうと、人に指導することへのストレスや課題や問題点を解決するために勉強することに辛さを感じることが多いのです。

しかも、パーソナルトレーナーとはいうものの、実際には賃金的にも厳しいためあまり目指したからといって華々しい生活が送れるわけではないとよく言われています。

また、最近は筋トレなどを教えるだけではなく、そのほかの魅力も出していかないとパーソナルトレーナーとして売り出していくのが難しいです。パーソナルトレーナーが増えているため、それだけ他との違いを見せないと難しいということです。

特に需要が高いのは、肩こりや腰痛などの症状を改善するための指導です。こうした指導は、自分が自覚していないうちに発症しているケースも多いため、トレーニング目的できたけど実は慢性的な肩こりや腰痛に悩まされているという人が多いです。

私も、元々はデスクワークが多いことから肩こりには悩まされていました。しかし、筋トレや整体に通うことで少しずつ改善していき、数ヶ月経った今でも問題なく生活できております。

実は私もパーソナルトレーナーをやってみたいなあと思ったものの、実際に働く人の話を聞いているうちに今の私のスキルでは非常に難しいと気づいてきました。他の人と差別化を図るためのスキルが少ないと気づいたので、他のスキルで食べて行った方がいいなと思ったので、今はそっち方面で頑張っていこうと思います。

パーソナルトレーナーは目指さないにしろ、身の回りではトレーニングや食事のアドバイスはしていきたいので、周りの知人に趣味で教えるくらいが幸せかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA