これからエンジニアを目指す人に伝えたいこと

みなさんこんにちは!
管理人のユッキーです!

いよいよ今年が来年を迎えるというところで、新しいことを始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。その中には、新しく職を変えたいという人や、副業を始めようと思っている人もいると思います。

その選択肢として、プログラミングを初めてエンジニアになりたいという人も多いことでしょう。そこで今回は、私なりにエンジニアを目指す人に向けて簡単に思っていることをつらつらと書いていければと思います、決して正しいということではなく、私が単純に感じたことなので、意見の一部として聞いてもらえると幸いです。

まず始めに、エンジニアを目指そうと思ったら何をしようとしますか?
今の時代は、プログラミング教室が増えていることもあり、プログラミングスクールに入学しようと思っている人が多いかもしれません。

しかし、私個人としてはプログラミングスクールに通うのはおすすめしません。というよりも、何も考えずにとりあえずプログラミングスクールに通ってプログラミングができるようになると思っている方は絶対にエンジニアにはなれません。

こういう考えになるのは、プログラミングスクールが宣伝している広告の内容も影響していると思います。このスクールに通えばすぐに実務レベルになり、フリーランスとして月収100万円も夢じゃない!みたいな内容をよく見ます。

確かに、取り組み方次第では間違いではないと思います。しかし、自ら学ぶ意志がなくては難しいです。

そこで私がおすすめしたいのは、まずは簡単にプログラミングを経験してみることです。やってほしいのは、何かコードを書いて画面に表示されるという経験をするとよいでしょう。

まずは、HTMLとCSS、JavaScriptあたりを駆使して簡単な自己紹介文などを書くのが良いでしょう。そうすると、サーバーなどを用意しなくても変化がわかるため、とりあえずはどのようなものなのかをつかんでおくのをおすすめします。

プログラミングがどのようなものかの雰囲気をつかんだら、自分が作ってみたいものを決めます。例えば、Webサービスを作りたい、SaaS関係のプロダクトを作りたい、スマホアプリを作りたいなどです。

作りたいものによって学ぶべきプログラミング言語が異なるので、しっかりと目標を決めてから進めていきましょう。そのプログラミング言語を取り扱っているプログラミングスクールに通う、という方法はいいと思います。

とりあえずは、こんなところでまた次の機会に続きはご紹介いたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA