就活において自己分析は重要

この時期になると、ちょうど就職活動を始めた時期だなあと懐かしくなります。私の場合、就活に対してそこまで明確な期限がありませんでしたが、合同説明会などが始まりだすので今くらいの時期でした。

その当時、大学生だった私はとりあえず都内で実施される合同説明会に参加し、聞いたことのある名前だけの説明を聞いて回っていました。

聞いていても正直頭に入ってこず、1時間程で抜け出して友達と秋葉原へ遊びに行ったのを覚えています。

それも当然です。就活に関するメソッドを何一つ持っていなかったからです。無知というのは本当に怖いものだと痛感します。

今は、Webライターとして就職に関する記事を書いたり、私自身が転職を経験していることから、ある程度のノウハウがたまっています。

その当時の私に聞かせてやりたいと強く思いますね。今思う中でも、特にこれだけはやっておけということについて、ここではざっくばらんに書いてみたいと思います。

まずは自己分析は絶対やっておけと言いたいです。自己分析とは、今までの経験を元に、自分の長所や短所、価値観などを知るために必須の作業です。

特に、大学生の場合は今までの業務実績などはほとんどないため、自己PRが非常に重要になります。実は、自己PRで話すエピソードというのはそこまで重要ではありません。それよりも、そのエピソードによって何を学んだのか、その時にどういった思いでいたのか、というのを論理的に話すほうが非常に重要です。

ここで差がつくと思います。自己分析は必ずおこないましょう。内容は正直何でも良いと思います。大学生で扱いやすい内容といえば、サークルやバイトの話ですね。ちなみに私はサークルの話をしていたと思います。

私は、就職活動自体はあまり成功したと言えませんでした。しかし、その後第二新卒という武器を使って、転職をした結果最初よりも良い条件で仕事ができております。

新卒カードが最強だという方もいますが、個人的には第二新卒としてのカードも充分に強いなあという印象があります。

自己分析をするうえで気を付けるべきポイントは、企業に合わせた自己分析をしないという点です。やはり、これからA社を受けるとなると、そのA社に合わせた形で自己分析をする人が多いです。人間の心理として、相手に合わせたいからそうなりますよね。

しかし、自己分析は今までの経験を洗い出して、自分だけの自己分析を作り上げるものです。これから何か就職活動や転職活動をする方は、まず始めに自己分析から始めてみましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA