最近のチャット文化について

皆さんこんにちは!
管理者のユッキーです!

皆さんはチャットを使っていますか?
チャットツールといえば、何といってもLINEです。普段生活をしていて使っている方も非常に多いのではないでしょうか。コミュニケーションツールとして絶大な人気を博しているLINEですが、プライベートだけではなくビジネスとしての利用もできます。

こうしたチャットツールは、LINEをはじめとして他にもさまざまあります。例えば、ビジネスとしてよく使われているのはSlackやChatworkです。

私は、本業の他にライターをしていますがこうしたライター活動でどちらも使っています。チャット文化が浸透しているのは、多くの企業でも同じだと思います。

私は、こういったチャット文化については大賛成です。なぜなら、電話やメールが無駄だと感じる場面が多いからです。特に、電話に関してはなくなってほしいとさえ思ってしまいます。

作業をしているときに電話がかかってくると、それだけでそこまでのやる気が削られてしまうますし、何よりも他の作業ができなくなってしまうというのが非常にストレスです。

私は積極的にチャットを利用しようとしていますが、肝心の相手側が使っていなければ何の意味もありません。せっかくチャットをしたのに結局相手は見ておらず、結果的に電話をするはめになってしまいます。

そもそも、チャットを推進するにあたり場面ごとの使い分けが非常に重要だと感じています。電話をする場面、メールをする場面、チャットをする場面など様々です。こうした使い分けを教育してから、チャット導入を推進していくべきだと思います。

例えば、電話をする場面がいつかと考えれば、すぐに回答が欲しい場合に使うべきだと考えます。緊急のトラブルが発生したり、何か急いで確認する要件があったりするなど、より早い情報展開をする場合に利用すべきなのが電話です。

メールは、複数人に知らせたい情報があるときや形式的なものをやり取りする場合に効果的だと思います。社内の特定の部署だけに共有する場合や社内の申請などの形式的なものをやり取りする場合に向いています。

チャットは、簡易的にやり取りをするものです。例えば、作業の完了報告などが考えられます。しかし、最近ではグループチャットなどもあるため、チームごとにルームを分けるなどすればメールもほぼ不要になるでしょう。

これからのクラウドベースの働き方をするにあたり、電話文化を失くすというのは非常に大きなミッションの1つです。できるだけチャットを使って効率的に業務をこなしていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA