音楽活動をしていた時の話

皆さんこんにちは!
管理者のユッキーです!

実は、タイトルにもある通り以前私は音楽活動をしていました。

時期としては、社会人1年目~3年目くらいまでです。音楽のジャンルとしては、アコースティックで2人1組でコンビを組んでやっていました。

簡単にどのような形でやっていたのかについてご紹介したいと思います。

インターネット上の出会い

私は、社会人になってから音楽活動をしてみたいと思い、どのようにすれば相手が見つかるのかを考えました。一人でやるという選択肢も当然ならあるべきなのですが、その当時はどうしても相手を見つけようと頑張っていました。

理由としては、音楽活動についての知識が全くないことと楽器が全くできなかったからです。とりあえずは歌さえ歌えればいい、という甘い考えでやっていたのです。

そこで、今の時代はネット上で見つけようと思い、検索をしてみました。以外にも、結構募集しているのですが、ボーカルだけを募集しているケースはまれでした。

やはり、初心者ほどボーカルをやりたがるケースが多く、応募者も最も多いようです。そこで、ちょうどアコースティックで組みたいという募集を見かけました。

私は、バンドも好きですがアコースティックのように歌を聴かせるのも好きだったので迷わず応募しました。その後、いくつか連絡を取り直接会うことに。

あったときは、ざっくり世間話をしつつ最終的には歌を聴かせることになりました。私は、その当時よく歌った曲を歌いましたが、正直風邪をひいていてのどのコンディションが最悪だったため、ダメだろうなと思っていたところ、その場で是非一緒にやりたいといっていただけたのです。

いい意味で今っぽくなく、少し古い曲が合うような声だったのが決めてのようでした。その後、実際にコンビを組み、苦難続きの音楽活動がスタートしたのでした。

その後は、月に1度はライブハウスでライブをしようというのを目標に進めていき、練習と本番を繰り返していきました。そうするうちに、ライブハウスの人とも仲良くなりイベントに声がかかることも増えました。

とは言っても、お客さんを集めるのはまだまだ苦労しており、対バンした相手のお客さんを引き込むなどして少しずつ増えていったのです。

しかし、最終的には私の一身上の都合で解散となってしまいました。いまも続けていたらどうなっていたのかな、と時々思うこともあります。

この経験をしたおかげで、人前に立って何かをするのも慣れましたし、何よりも自分に自信がついたなと感じます。すごくいい経験だったので、これからも人前で何かやるということには積極的に挑戦していきたいなと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA