チートデイって実際のところ必要なの?~その②~

みなさんこんにちは!
管理者のゆっきーです!

前回はチートデイについてとメリットについてご紹介しました。今回は、どのような人がチートデイを実施すべきなのか、そしてチートデイの方法について解説していきたいと思います。

チートデイを実施すべき人とは

チートデイは誰でも取り入れればいいわけではありません。実は、取り入れるべき人と取り入れてはダメな人がいるのです。ここでは、取り入れるべき人がどのような人なのかについて紹介します。

体脂肪によって変わってくる

チートデイを取り入れるべきかどうかは、体脂肪がどの程度なのかによって違ってきます。その判断材料としては、男性20%以下、女性が30%以下の場合です。

これは、いわゆる標準の体脂肪を表しています。これ以上でチートデイを実施した場合、ほとんどチートデイの恩恵を受けることができません。

なぜなら、これよりも体脂肪が多い人に関しては、すでに必要な栄養素が脂肪という形で蓄えられているため、正直チートデイを実施したところで無駄な脂肪をさらに蓄えるだけになってしまうのです。

そのため、男性20%以下、女性が30%以下の体脂肪を目安に実施するかどうかの判断をしていきましょう。

チートデイの実施方法とは

チートデイの実施すべき人がわかったところで、次に気になるのは実際の実施方法です。実施方法には、大きく分けて2つあります。ここでは2つの方法について解説します。

①好きなものを食べる

まずは、みなさんが想像されている通りのチートデイです。基本的にはなんでも好きなものを食べながらカロリーを稼いでいく方法です。

この方法は、普段食べれないものを好きな分食べることができるため、メンタル的にも非常にプラスに働く効果があります。

しかし、体重が戻りにくいという欠点があるため、カロリーのとりすぎには注意をしましょう。

目安としては、普段撮っているカロリーの2倍程度です。男性であれば、4000kcal程度、女性であれば3500kcal程度を目安とすると良いでしょう。

②糖質を多めに摂取する

次の方法は、糖質を多めに摂取するハイカーボデイの実施です。食べるものとしては、炭水化物、和菓子、もち、ばなななどです。

この方法は、一気に炭水化物を取り入れるため、あまり脂肪を付けずにチートデイを実施できるメリットがあります。基本的に太りたくない、という方はハイカーボデイの実施をおすすめします。

まとめ

今回はチートデイの実施すべき人と実施する方法について解説しました。

今後は、実際に実施してみてどのような変化がみられるのかについても紹介できればと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA