元銀行員兼エンジニアが語るお金のため方とは

皆さんこんにちは!
管理者のユッキーです!

私は、現在エンジニアをしていますが、もともとは銀行員をしていました。そんな私だからこそ、お金のありがたみも知っています。

そこで今回は、お金を貯めるために普段から実践していることをお伝えいたします。

①月の収支を把握する

まず始めは何と言っても、月にいくらの収入があっていくらの支出があるのかを把握することです。

収入と支出のバランスをプラスにしない限り、お金は永久にたまっていかないからです。収入を把握するときには、現在の仕事の手取りの金額を計算してみましょう。もし、ほかに副収入がある場合はそれも含めて大丈夫です。

次に、支出を計算するときには固定費から割り出します。固定費とは、家賃・光熱費・通信費などの毎月かかる一定の金額のものです。

他には、固定費以外の交際費や食費もざっくりでいいので含めたうえで計算しましょう。そうすることで、毎月どれくらいの収入でどのくらいの支出があるのかを把握できます。

金額を把握することで、収支がプラスかマイナスかの判断ができるため、支出を減らすべきなのか、それとも収入を増やすべきなのかを決めていきましょう。

②手数料を抑える

次に、無駄な手数料を削減することです。手数料を削減することで、毎月数千円くらいの金額を抑えられます。

無駄な手数料とは、ATMの引き出し手数料や振り込み手数料などです。今の時代であれば、ネット銀行を利用するとこういった無駄な手数料を削減できます。

無駄な手数料を抑えることで、月に数千円浮かしておいしい料理を食べてはいかがでしょうか。

③副業をする

私が実践しているうちの最も大きな部分は、副業をすることです。

私は、副業によって月に10万円以上の収入を増やしています。10万円がふえると、心が一気に穏やかになります。収支はプラスになっているので、飲み会や食事会などの交流の場にも気にせずに行けるのです。

心が余裕になることで、生活にもうるおいが出てくるため、生きているのも楽しくなります。こういった好循環をめぐりだすことができるため、副業をするのはおすすめです。

おすすめの副業は、スキルを伸ばしつつ稼げるような副業です。例を挙げると、プログラミングやWebライターなどのものになります。

レジ打ちなどの時間を切り売りする場合、なかなか収入が上がっていきません。しかし、スキルを伸ばしつつ副業をこなしていくことで、収入は一気に上昇します。

まとめ

今回はお金のため方をご紹介しました。

やはり一番おすすめは副業ですね。ぜひ皆さんも始めてみましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA