自宅で細マッチョを目指すために実践していること

皆さんこんにちは!
管理者のユッキーです!

私は、ジムに5年間通っていました。しかし、今はコロナの影響やジムにいく時間が無駄だと感じ始めて、自宅での筋トレに切り替えたのです。

目標は細マッチョで、筋肉を残しつつ減量をしているところです。
そこで今回は、一般的な社会人男性が自宅で筋トレしつつ細マッチョを目指すための方法を紹介します。

食事について

まずは食事についてです。

私は「リーンゲインズ 」という食事方法を実践しています。リーンゲインズ は別名プチ断食のことで、16時間の空腹時間を作り、8時間の間で食事を摂取する方法です。

私の場合は、平日は会社に出社しているため、朝ごはんを抜いて、12時から20時の間で食事をしております。はじめは朝ごはんを抜くのが辛かったですが、今ではなれてむしろ朝ごはんを抜いた方が午前中の効率が上がった調子がいいです。

朝起きたら白湯を飲んで、時間がある時はコーヒーを飲むような感じです。

昼ご飯と夜ご飯は普通に食べています。結構食べていると思います。例えば、ラーメンも食べますし、丼ものも食べますし、カレーも食べます。

ダイエットの上で最も重要なのは、食事管理です。自分にあった食事方法を試していきましょう。ちなみに私は、現在3ヶ月で7キロの減量に成功しております。

運動について

私は、自宅で細マッチョを目指して筋トレをしています。私が使っている器具は以下の通りです。

  • 懸垂マシン
  • 腹筋ローラー
  • エアロバイク

これらの器具さえあれば、程よい筋肉を付けつつ細マッチョを目指せます。
筋トレのメニューは、懸垂・ディップス・腹筋ローラーを繰り返しやっている形です。

ダンベルも持っていますが、いちいちベンチ台に座ってやるのが面倒だなと感じ始めました。そこで、懸垂マシンであれば、どんなかっこでも懸垂ができますし、ディップスも同じくいつでもさくっとできてしまいます。

継続できるコツは、隙間時間でさくっとやることです。私は、料理で煮込んでいる時間を使ってやったり、暇だからちょこっとやったりしています。

まとまった時間をとってやるのもいいですが、私はたまにやるくらいがやりやすくあっているようです。

まとめ

今回は、自宅で細マッチョを目指す方法について紹介しました。

食事と運動のバランスが大事で、特に食事管理が重要です。食べないダイエットは絶対にやっていけないので、適切な量を食べつつ進められるダイエットを意識しましょう。

また、運動については自宅でやるなら紹介した器具を購入し、コツコツと続けていくのがおすすめです。今回の記事を参考に、皆さんも自宅で細マッチョを目指しましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA