副業の仕事をどう獲得しているの?

みなさんこんにちは!
管理者のユッキーです!

前回は、管理者がどのような副業をやっているのかについてご紹介しました。
では、その副業をどのように見つけているのかが気になりますよね。

今回は、どのような手段で副業の仕事を獲得しているのかについてご紹介します。

①SNSの募集に応募

最も多いのは、Twitterやbosyuを利用して応募する方法ですね。

例えば、「ライター 募集」などで検索すると、現在募集している人が結構見つかります。単価も幅広く、ほとんどが文字単価1円を超えるので、月に5万円を目標としている人であれば十分に達成できると思います。

しかし、コロナによりWebライターを目指す人が急増しており、なかなか採用を取りにくくなっているのが現状です。

多くの方は、テストライティングという形で篩に掛けることが多いです。私は、ライター 歴が長いので8割程度は通過していますが、これから始める人にとっては少々きついと思います。

また、最初はライターとして契約しても、私がエンジニアと伝えるとそこからシステム開発につながるケースもあります。

エンジニアの需要の高さを伺えましたね。

②企業へ直接応募

SNSよりも少し難易度の高い方法です。

これも検索画面より「ライター 募集」などで検索すると、ライターを募集している企業が表示されます。意外にも、穴場な企業もあるので、とにかく検索して応募してみるのがおすすめです。

自分の得意なジャンルで応募すれば、高単価で採用されるかもしれません。

私も現在は、全く経験のないジャンルですがフィットネス系の記事を高単価でやっています。インタビューなども経験できているので、企業への直接応募は非常におすすめです。

③ランサーズやクラウドワークスを活用

最後の方法は、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを活用することです。

私も副業したての頃は利用していました。はじめの経験としてやるのはいいと思います。

私個人としては、はじめにランサーズやクラウドワークスで経験を積み、その後個人的に契約をしていくのがおすすめです。

理由としては、単価が上がりにくいのとマージン料がかかってしまうことです。直接の取引であれば手数料などは当然掛からないので、早いところ個人での仕事に切り替えると良いでしょう。

まとめ

今回は副業をするときに、どういった方法で仕事を獲得するのかについて解説しました。

結論としては、最終的に目指すべきは個人的に契約をして仕事をこなしていくことですね。

今回の記事を参考に、高単価の仕事を獲得していきましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA