未経験でもエンジニアに転職できた理由

皆さんこんにちは!
管理者Yukkiです。

前回は、銀行員時代にエンジニアへ転職したときのエピソードをご紹介しました。

今回は、エンジニア未経験から転職できた理由を自分なりに分析したいと思います。

①何よりも若さ

一番の理由は、20代前半という若さであると間違いなく言えるでしょう。

世間では、そういった人材を「第2新卒」と呼んでいます。正直、新卒で就活したときよりもあっさりと決まったなと感じました。

実は、第2新卒は企業にとっても非常にありがたい存在です。なぜでしょうか?

それは、すでに社会人としてのマナーや基礎を身に付け、なおかつ会社に染まっていない状態で迎えられるからです。

長い間1つの会社に勤めている人の場合、スキルは磨かれるものの、どうしてもその会社独自の文化ややり方が染みついています。なかなかそのやり方を忘れられないため、新しく入ってから会社に適応するまでに多くの時間を要するのです。

しかし、まだ会社に染まっていない場合、すぐにその会社に適応できます。会社としても、非常に助かるのです。

しかも、新卒が必ず行うマナー研修なども基本的には不要のため、人件費も抑えられます。

②レスポンスの早さ

これは仕事をするうえでも非常に重要な要素です。

レスポンスの早い人は信頼されますし、何よりも仕事ができる人に多いです。

私は、一番初めての転職の時はリクナビやマイナビを利用していました。応募すると、サイトを通じて相手の企業と連絡をしていき、面接の日程などを決めていきます。

私が最も意識していたのは、必ず一日以内に返信することです。本業があったので、即レスは難しかったものの、休憩時間などを上手く駆使し、できるだけ早いレスポンスを意識しました。

レスポンスの甲斐もあり、企業の方にも好印象をいただけていたようです。

③最後には人柄

やはり、最後には人柄が一番大事です。私が面接を突破した理由は、人柄だったと言われました。

それは当然で、スキルで評価されていれば間違いなく落とされていたと思います。

だって未経験でポートフォリオも用意していませんでしたからね(笑)

ただ、「現在勉強中で資格取得を目指しています!」というやる気は伝えていました。そういった姿勢を面接官は評価しているのです。

そして、何よりも素直に接するのが大事です。人間素直が一番で、相手の質問に対して真摯に向き合っていればきっと思いが届きます。

心から誠意をもって対応するというのを胸に抱きながら面接には挑みましょう。

最後に

今回は一番初めの転職で成功した理由を、自分なりに分析してみました。

次回は、エンジニアから外資コンサル会社に転職したときの話をしたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA